箱庭ハーブblog

7年目プログラマの趣味の小部屋

時代はリスキルだよ、兄貴


カオスすぎるだろw このヒーラーの数




うーん、勝てるようになったけど1/3超えないなー…

最近、リスキルしたりリスキルされたりすることが増えてきた

2位が1000p過ぎたあたりから翻しを初めて、
その結果3位は2位のリスキルを、2位は1位のリスキルするという、典型的なリスキル戦場と化す

基本的に自分のPTが勝てる戦力なら、1位になれるようになってきた
逆に自分のところが戦力不足だと、もう片方頼みになりがち

正直空き巣するより、目の前のPTをどうにかする方が確実
PT崩せば40Pで、戦況をうまく長引かせればそのままもう一回40p回収できる

上手く撃破タイミング調整できれば、敵OPに居座るのも無理じゃない感じ


ただ、思うのは。

あれだよ、エレ蛇盾いないPT発生すること多くない?
やっぱりあれか、役割交換したほうがいいのかな?
自分は斧参加だから、チェンジしたほうがよさげなんだよねー・・・

以下、勝った時のスクショとか






2PTvs2PT激突で相手を倒すと、リターンがものすごく大きい。
開始~27分は負けてたのに、pop1回目終了後の黒を撃滅したのがすごい大きかった


定番的な1000p時点で2位 → AからCへ翻して逆転勝ちのパターン
市場で不滅をいじめてたら、全軍黒に突撃して250p差が逆転できたのが気持ちいい


さすがに、両軍がポップ放置するとゲームセットしますぜ・・・
3体>4体>6体と撃破して撃破したい放題過ぎた

 
こんな時もある。これは誰のせいでもない・・・
開幕両翼2PT来て、2戦目やってみても両方負けたらこうなるんやで・・・
いや違うよ、これ黒が1位取れる戦力なのになぜか執拗に蛇攻めてくるからこうなるねん
ちゃんとやれば、黒1位取れそうなのに・・・

エレ蛇がんばろう

とりあえず、一週回ってPT勝負が勝負の分かれ目になってきてる

蛇の人に理解しておいてほしいこと

1、市場(A)より居住(C)のほうが遠い

最速で行った場合、市場は不滅より先に到達でき、居住は黒より後に到達する。はず

2、ポップ時間は。開幕27分。以降最後のドローン撃破後3分毎
おおよそ、下記の通りだが、3分マクロが確実
27:00
23:45
(システム)
20:30
17:10
13:50

・殲滅速度がどんどん速くなってるので、次ポップまでの時間がどんどん早くなってます
・10秒前までには4人以上到達しておかないと、待ち伏せされた時つらいです
・60秒前には完全に移動のための行動を開始しないと、間に合いません

3、詩人は、陣に乗ろう

乗って。お願いだから乗って。詩人は弱くはないんだから

4、タンクは、黒魔 > 召 > 白 > 学 > その他

黒魔止めないと二進も三進もいかない

5、フェアリーや召喚獣は、撃破ポイントをもらえる

っぽいね。ポイントの動き方見てると

エレ蛇の日常(フロントラインのネタ)

前回エッダちゃんの記事を書き掛けでしたが、
週末のエレ蛇ネタが結構溜まったのでそっちを先に


Yu Hinomeちゃんのへたれ軍師もどきをご堪能ください




かてねぇ!!!!


戦士とか無理ゲーだね。斧にしないと。

・・・

と、言うわけで、ちゃんと装備とアディショナルそろえてきました。



ちなみに装備はこんな感じ。典型的なクリティカル特化。








勝率ダイブ盛り返してきたけど、1位が3割とっぱできねぇ!!!!!

先週60試合程度やってわかったこと

・野良でも割りと勝てる
・固定PT黒魔がくそ強い(ヒーラーが回復する間もなく蒸発する。フレア3発同時とか反則)
・開幕時は詩人も拠点に乗れば、イーブンいける
・開幕空き巣は必須 (※)
・壊滅報告必須、相手の人数報告必須
・壊滅時は坂下より自軍OPが無難
・後ろから来る&前にオトリなども増えた
・お互いちゃんと戦略すると、根本的な部分ではPT水準の正面衝突が結局勝敗を分ける
・AFや神話の白魔は、着替えたほうがいい。なんだかんだで名前確認する前に見つけられる

(※)2014/7/25
先週の段階では開幕空き巣は有効だったが、今週に入って、相空き巣が当たり前になってきた
開幕行動は
2:6空き巣/増援より、1:7防衛/増援のほうが勝利よさげ

【重要】
現状では、中盤2位だった試合は、戦略レベルで動けば全て1位に出来ると考えていい
後半戦の3位側を受け持つPTが、いつ1位側に転進するかが鍵である



基本的にマップが単純なので、
最近エレ蛇は連絡が良く取れるようになったこともあって、
全ての軍の全てのPTが何処にいるかある程度わかるようになりました

最初の頃たくさん単独空き巣をやった経験が、かなり生きてる





今週一番のダークサイドは、これ


ちょ、仲間内で喧嘩とか・・・
むしろこれのおかげで、本気で軍師やらないとダメだなーと痛感したとも言える
色々考えて、負けても仕方ない時とかもあることもわかった
(両翼がずーっと2PTきたら、勝てるわけがない・・・)




今週の漁夫の利はこれ



何もせずに、勝ってしまうときもある
いや、何もしないということをする、とも言う
ポイントは、敵軍を刺激しないこと


今週のハイライトはこれ


11:15秒での快勝
両翼+両空き巣成功やばい
開始3分400ポイント差がついて、勝ち確定になる



ちなみに、終盤は黒のリスポーン地点を押さえてた。ひどすぎる



今週の意外なPT


これ、ヒーラーなしPTだったんや
アラBなら、ヒーラー無しでも1位取れる時もあるで!
ヒーラーがいないことがばれなきゃええねん!!!(謎)


そんなこんなで、弱い弱いといわれるエレ蛇もなんとか19/23/21の勝率に。
1位率が少し低いけど、まぁ及第点。来週は1位率40%を目指せそうだ!

リューサンのDPSが出ない! からのエッダちゃん!

そんなことより聞いてくれ、この子、どう思う?


ダメな子なオーラしかしない



6月はリューサンを進めて、ついにLv50になりました!
イヤー長かった
のんびりやってたら、4月、5月、6月と3ヶ月ぐらい掛かってしまいましたね

と言うわけで、リューサンのSSをいくつか



神話装備でジョブクエストに挑む鬼畜、Hinomeちゃんの様子をご覧ください


AF装備 vs 神話装備。
ジョブクエストラストは通常AF胴がない状態なので、本来は相手のほうが装備が強いことが多い
が、まさかの神話フル装備

ストーリー的には。
神話装備は、モードゥナのエギンオルフがAF装備をモチーフに現代の技術で作った装備群で、性能自体はAFをはるかに凌ぎます。
現在はモードゥナの豪商ロウェナの元で、
AF装備の染色や新しい装備の考案をしているらしいですね

エスティニアンはニーズヘッグに連れて行かれちゃいましたが、
あれってどう見てもヴォイドだよなーとか思いながら見送ることに

いってらっしゃい



で、リューサンも装備揃ったので休憩ターイム!


今回は5層。さすがにLB3のために黒がいます

 
なぞのタンク集団


マナーはしっかり守りましょう(謎
ちなみに、はじめてSTやりました(いつもはMTなので)


で、普通にクリアできるんですが、実は4DPSより楽なんじゃなかろうか疑惑あります
FBFS適当で突破できるし、MT落ちても交代できるし、ドレッド以外で死ぬ心配がない
蛇はダイブ中にたたく必要がありますが、この方法でLBもあれば十分間に合う





・・・2.3も来ましたので、取りためも供養しておこう
他には、こんな感じのエオルゼアライフを発見SS





フォールゴウトで発見。なんかきもい
ちなみに髪型変えました



みんな大好きエッダちゃんクエスト


例の、「パイヨー!後ろ後ろ!」ですね
エッダちゃんこの会話聞いてるんですよねー


話は当時の仲間の話に・・・


亡くなってことを知らせたが、不安なので墓を確認しに行くことに・・・


おい


おいい
とりあえず、招待状のタムタラの墓所にそれぞれ向かいます


この門番、使えない
止めろよ



おい




そんなこんなですが、続きは次の記事で

フロントラインメモ

FF14の、フロントライン

斧>近接>戦士の序列が現状だとはっきり出ちゃってるかも
フルバフホルムして、やりそびれてもスプリント追っかけっこ楽しー

双蛇に移籍したんだが、野良で行くとあまりに弱すぎるだろこの軍・・・
チーム編成の時点で遠隔過多なことが多すぎる・・・
頼むからリューサンや斧で来てくれ・・・
いや、斧で来てくれればリューサンいらんけど・・・

1、基本事項

点数

拠点制圧   :10p
拠点維持   :1p/3秒 (20[p/m])
ドローン   :20p
システム   :200p
プレイヤー撃破:5p (撃破されたときのマイナスはなし)

ポップタイミング

27分    :初回ポップ
23分~22.5分:2回目ポップ
20分~18分 :塔ポップ?
19分~18.5分:3回目ポップ
15分~14.5分:4回目ポップ(ここでほぼ決着)

PT編成

理想的なPT
バランス型:ナ戦斧斧召黒白学
火力特化 :ナ斧斧斧召黒白学
追撃特化 :ナ斧斧竜詩黒白学

タンクが1人、前衛が3人以下
隊全体として引き気味に戦い、無理をしない
緒戦で拠点を先に確保するのは難しいが、壊滅するよりはまし
タンク1人で斧の場合は、戦士ディフェンダーにするとよいことが多い

ヒーラーが1人
誰かジョブチェンジしてください

タンクがいない
誰かジョブチェンジしてください

ソーサラーがいない
LBキャンセル連打による戦線撹乱が出来ないので、LB可能時の突破力向上が見込めない
フレアによる瞬間火力も狙えず、瞬間火力不足になりやすい

ヒーラーが3人以上
実は、学者が多い分には特に問題がないことが多い
(クルセード学者は召喚本体並み/以上の火力になる場面も多い)

マップ補足

実は、A側のほうが拠点までの距離が少し短い疑惑?
双蛇だと、市場側は先確保が成立しやすいが、C側は先確保が成立した試しがない
多分神殿もそうな気がする

考え方

1、死なない。壊滅を防ぐ
タンク全滅やヒーラーが1人でも落ちると、壊滅は時間の問題である
理由1:基本的に人数差が2人以上になると、相手のヒーラーがまともなら撃破は無理になる
理由2:撤退戦より追撃戦の方が基本的に有利(撤退戦のほうが難しい)
理由3:撃破ポイントを相手に渡すことになる

2、緒戦で両方負けると、ほぼ3位確定である
最低でも制圧2分間(40p)+8人*5p=80pを両軍に渡す事になるため、極めて劣勢になる

3、食い続けるか、引くか
相手の隊列が伸びて蹂躙しやすい場合は、食い続けて追撃戦を行う
先陣を切るタンクはマップを見ながら後ろが付いてくるかどうかも気にする
なお、
Bチームの中央斥候&確保判断が戦術として確立しているなら、両翼押さえて維持でよい

4、貢献行動
1、相手より少ない人数で、拠点維持を長時間できた
2、相手より大幅に少ない人数で、壊滅せずに戦闘を継続できた
3、戦わずして、拠点制圧(守りがだれもいない拠点の確保)

5、戦闘

2、全体の流れ

初手~27分まで

分配例
方針1、確実に片方を制圧:14+2:8
方針2、等分配     :11+1:11+1
方針3、片方優先    :11:11+2

方針1の場合、1PTとぶつかれば、27分のドローンは確実に確保でき、中央で相手撃破pも稼げる
方針1の場合、両翼壊滅を避けることが可能
方針2・3の場合、両軍から2PTこられると両方壊滅する
方針2・3の場合、かわりに相手が1PTの場合に安全に拠点を制圧できる










以降書きかけ、および修正中

緒戦の方針

突撃  :素早く制圧or全滅する。メリットは素早い反対側への増援
早期撤退:全滅しない。撤退時には、盾がしんがりを務める。メリットは相手に8*5p渡さない

緒戦の状況

早期制圧成功:B以外は追撃戦に移行。敵撃破pを可能な限り回収する。Bは中央に向かう
制圧成功  :早期と原則同じ
制圧不可  :初回ポップを取りに行くor反対側の増援に向かう
両方制圧失敗:ほぼ負けフラグ

3、中央ポップ対処

27分ポップはみんな分かっているので、大体3すくみ揃う
23分ポップは2軍均衡や2軍優劣になりやすい。まだ定説化してないか
3軍戦力均衡1:原則は、中央で戦力均衡が起きた場合、戦わないほうが良い
3軍戦力均衡2:3軍戦力均衡1を逆手にとって、開戦して、追撃戦に移行
3軍戦力劣性 :最低限稼いで、早期撤退+増援またはOP守備に向かう
3軍戦力優勢 :3ドローンを狙い、戦場になったら追撃戦に移行する
2軍戦力均衡 :3軍戦力均衡と考え方は一緒
2軍戦力劣性 :1拠点は確保する。3すくみになるのを期待する
2軍戦力優勢 :4ドローン狙い、3すくみの可能性を注意する

4、ロールと陣形

タンク

20%フルスイング:dotダメージも入り、非常に強い
ミスリルテンペスト:拠点防衛、中央の通路で相手を落とす、時間を稼ぐなど

斧  :近接DPSよりハメ手や防衛が強い。フルバフホルム、
戦士 :ディフェンダー時はスリルで1500、スリルウォーで1800、内丹で500回復可能
    ヴィント、原初、ウォークライ等、平気で回復してくる
ナイト:かばうがPvPでは真価を発揮する

陣形 通常時

 ヒール距離――――――――――――――→
相手ヒーラー       近接 相手タンク
         タンク 近接         ヒーラー
         ←――――――――――――――ヒール距離

陣形 デンジャーな状態

 ヒール距離――――――――――――――→
相手ヒーラー       近接 相手タンク
     タンク 近接         ヒーラー
     ←――――――――――――――ヒール距離

フリーエリア

takemori
Twitter : @takemori_kondo

1. Unityと戯れてます
2. Cake3は劣化じゃないRails

iOS
coming soon...

Windows
Html Editor - Nazuna
Managed DirectX サンプル集

beginning since
2006.08.17
renewaled on
2011.06.03

最新コメント

[2018/11/20 スーパーコピーブランド専門店]
[2013/06/14 ミューネ]
[2012/08/30 ノートPC]