箱庭ハーブblog

7年目プログラマの趣味の小部屋

忍者ブログの、ページ機能について

ども、お疲れ様です。

いつも忍者ブログにはお世話になってますが、最近ページ機能を使うようになりました。
なかなか面白くて使い勝手がいいですね。
以下ページ機能によるページは、staticページと呼びます。

【ページ機能の特徴】
この機能は、ブログに固定ページ=staticページを最大5つ(無料版)まで追加できる機能です。
通常のブログ記事と同じデザインで、固定ページをいくつか用意したい場合に楽に追加できます。

【ページ機能の特徴的な機能】
ブログのトップページを一つ下の階層に持っていき、
staticページの内の1つをトップページに置くことも可能です。

【ページ機能を実装するには】
テンプレートの忍者ブログ独自タグをいじくる必要があります。仕組みは単純です。

通常のブログ記事URLでは、
<!--entry--> から <!--/entry--> の内容が表示され、
<!--if_static_page--> から <!--/if_static_page--> の内容は表示されません
これら以外のif系の独自タグは、staticページのURLと同じ挙動を示します

staticページのURLでは、
<!--entry--> から <!--/entry--> の内容が表示されず
<!--if_static_page--> から <!--/if_static_page--> の内容が表示されます。
これら以外のif系の独自タグは、通常のブログ記事のURLと同じ挙動を示します

【ページ機能の細かい挙動】
staticページは、ブログ内検索に引っかかりません。マジかー
ページプラグインには、全てのstaticページが一覧となって表示されます。
ページブラグインの一覧から、ブログのホームは削除できないみたいです。

…うーん。
staticページをグループ化して、
複数のページプラグインに分割したかったけどできないみたい。
ページプラグインではネストも出来ないから、こりゃどうしたものか。

まぁ、忍者ブログ様の意図もわからなくはない。
固定ページを複数のカテゴリに分けて、さらにネストさせたいなんて要望は、
ブログの範疇を超えてしまう、ということなのだろうな。
実際のところブログなのに複雑な機能になりすぎたら本末転倒だし、いい線引きだと思う
こういう立ち位置を間違えないルール作りは、とても見習いたい

因みにやろうと思えば。
純粋な入口ページでも作るのであれば、staticページの1つをトップページにするのが得策
独自タグを見る限り、トップのstaticページはさらに別分岐できるので自由に設定できますし。

逆にブログのトップページをブログを維持しつつカスタマイズしようとするのには向かない
それなら、ブログのヘッダ部分を改築した方がスマート。
「もしブログのトップページなら」独自タグもあるので、それでトップページは作れる

さて、梅喧の記事もいいんだがそろそろC#のサンプルソースも載せていきたいところ。
staticページの配置も少し考える必要がありそうですな。
コメント
PAGETOPへ
過去の記事
行列と3Dモデル

コメント送信

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

パスワードを入れておかないと、コメントの再編集ができません!

フリーエリア

takemori
Twitter : @takemori_kondo

1. Unityと戯れてます
2. Cake3は劣化じゃないRails

iOS
coming soon...

Windows
Html Editor - Nazuna
Managed DirectX サンプル集

beginning since
2006.08.17
renewaled on
2011.06.03

最新コメント

[2013/06/14 ミューネ]
[2012/08/30 ノートPC]